埼玉病院のご案内
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

埼玉病院のご案内

埼玉病院 トップ > 埼玉病院のご案内 > 幹部職員紹介 > 副院長/医療安全管理室長

幹部職員紹介

この春より前関塚院長より原副院長が院長を引き継ぎ、当院の理念「埼玉病院の誇り」である、「この地の人々の健康と命、そして安心の心を守る」を継承し新体制で埼玉病院がスタートします。2年後の200床増床で更に充実した医療を提供出来るよう副院長は細田部長と私大島の2人体制で院長を支えて参ります。今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。
既に埼玉病院は循環器病センター、脳卒中センターや地域周産期母子医療センターとして地域急性期基幹病院として貢献して参ったつもりではございますが更に救急医療、小児救急医療や高度専門医療の機能拡大そして緩和医療にも取り組みます。この春より救急専門医常勤による救急科が立ち上がり地域のニーズに答えるべく救急ワークステーション設置にも動いて参ります。小児一次救急支援も医師会の先生方にはお世話になっております。高度専門医療としては、現在7手術室を2年後に外来手術室2部屋を合わせ13室に増やし、緊急帝王切開に特化した部屋や血管内治療の行えるハイブリッド手術室ができ、更にダビンチ手術を念頭に置いた手術室も構想中です。今後に期待して下さい。
昨今、医療事故調査制度が導入され、院内での医療調査の報告が義務化されました。埼玉病院ではかつてより医療安全管理室が中心となり軽微な医療ミスでも積極的に報告があげられる環境作りを行い、更にPDCAを回し振り返りを行うことで今後同じ事が起きないようルールを作成し医療事故ゼロを目指して頑張っております。医療事故は患者さんへ不利益を与えるだけでなくそれを招いたスタッフの心にも重くのしかかります。医療の萎縮は必要ありませんが更に安全で任せられる医療体制の充実を図り更に埼玉病院に来られた患者さんに、快適な病院であると言っていただけるよう頑張る所存でございます。

副院長/医療安全管理室長
大島 孝