医療関係者の方へ
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

C@RNA カルナ

埼玉病院 トップ > 医療関係者の方へ > C@RNA カルナ > 院長挨拶

C@RNA カルナ

院長挨拶

ICTによって、医療・介護の信頼のネットワークを強化する
喫緊の紹介率逆紹介率アップと急性期病院における地域包括ケアへの思い

 現在、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達する2025年に向け、郡市医師会や自治体が中心となって地域包括ケアシステムの確立を目指し、ICTの活用に期待が集まっています。医療連携におけるICTの活用は不幸にも、行政の補助金に頼り、採算性を度外視してきたという経緯があります。その中で、予約返書システムから発展した地域医療連携システム「カルナコネクト」は、予約後の検査、診療、返書(診療情報提供書等)という実収益に結び付く仕組みが基本であり、十分採算性が担保されているので、長期の持続的な成果と採算性を確保できます。
 平成26年度診療報酬改定では特定機能病院、地域医療支援病院、一般病床500床以上の病院は、紹介率・逆紹介率の定義と基準が変更され、二重に厳しさを増しました。当院は平成16年の8年前から、各科の外来診療や、放射線機器、超音波、内視鏡などの検査を、インターネット環境下で24時間365日いつでも簡単に予約でき、診断や検査の結果は、早ければ午後に、遅くとも翌日までに診療情報提供書、及び結果報告書とDICOM画像等を閲覧できるシステムを開発し活用してきました。当院は地域医療支援病院に対する改定後の基準においても、紹介率78%・逆紹介率125%を保っています。
 さらに、当院は2013年10月に和光市と協定を結びましたが、これは、C@RNA Connectを院内のシステムにとどまらず、介護・福祉の分野にも応用することで地域包括ケアシステムのICT化を推進したいという思いがあったからです。実際に和光市や地域包括支援センター、居宅介護支援事業者とも協定を結び、ケアプラン、フェースシート、介護用診療情報提供書(書式12)、退院時サマリーや看護サマリー、そして主治医意見書などの共有化を実現しています。本システムは、患者さんとそのご家族を中心として、健康・医療・介護・福祉に関係した施設全てを、ICTを介して信頼のネットワークで結び、それを拡大する役割を担い、理想の地域包括ケアの確立に向けて一歩一歩前進しています。  
 今後も、地域包括ケアのICT化と理想的な地域包括ケアシステムとは何か、そして、その中で多職種連携が果たす役割について、地域の皆さんと一緒に考え、手作りで築きあげていこうと思っております。

Title:
The Development of Medical Partnering ICT-network from Medical Diagnosis and Treatment to Government and Nursing Care Facilities

The core philosophy and driving force of NHO Saitama hospital is carrying our pride, “To Protect Community Health, Lives, Hearts which feel relief”. Our Regional Medical Partnering service, an online reservation system, supports a wide variety of partnering with clinics in an open Internet environment. This hospital has built and is operating a system enabling easy and reliable reservations on the Internet 24 hours a day for almost all kinds of radiological Imaging, out-patient treatments of specialist physicians and so on. The regional network will also be used beyond the scope of hospital-clinic and hospital-hospital partnering, by using it to work seamlessly with government and nursing care facilities on matters of health, prevention and caregiving. We continue to strengthen this network of close communication by combining it with our ICT-based integrated community care system.

院長

院長 原 彰男