医療関係者の方へ
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

地域がん診療連携病院

埼玉病院 トップ > 医療関係者の方へ > 地域がん診療連携病院

地域がん診療連携病院

1.地域がん診療連携拠点病院とは・・・

地域の医療機関との連携を図りつつ、質の高いがん医療の提供機能を有する病院を言います。
集学的治療(手術・抗がん剤・放射線治療の組み合わせ、緩和医療)、セカンドオピニオンの提示、地域の医療機関の支援、研修及び情報提供機能を有しています。

2.地域がん診療連携拠点病院の指定

埼玉病院は、厚生労働大臣より平成20年2月8日付で「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受け、平成27年3月31日付で更新されました。(図1)
埼玉県においては、埼玉県立がんセンターが国指定の県拠点病院となり、地域のがん拠点病院は12医療機関となります。その他に、県指定のがん診療指定病院が12医療機関あります。
詳しくは埼玉県のホームページをご覧ください。

»埼玉県ホームページ がん診療連携拠点病院


▲図1

3.設備・体制

  • 相談窓口の設置 → 名称:がん相談支援センター 担当:医療ソーシャルワーカー5名
  • がん情報コーナーの設置
  • セカンドオピニオン外来の設置 → 各科外来で実施しています。
  • 緩和ケアチームの設置 → リーダー 春日医師により活動。
  • 専門医による外来化学療法実施 → リーダー 石塚統括診療部長により活動。
  • 専門医による放射線治療 → 山下診療放射線部長 により実施。
  • がん患者サロン「けやき」の開催

4.取り扱いがん種

胃がん、大腸がん、食道がん、胆嚢・胆管がん、膵臓がん、肺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、腎がん、膀胱がん、精巣がん、尿路がん、脳腫瘍等