医療関係者の方へ
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

地域医療支援病院

埼玉病院 トップ > 医療関係者の方へ > 地域医療支援病院

地域医療支援病院

地域医療支援病院が果たす医療連携の役割

埼玉病院のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
地域医療支援病院とは、それぞれの地域における中核的医療機関で、救急医療、急性期入院診療を行いながら、他の病院、診療所や介護・福祉施設と連携を保って、より良い医療を提供してゆく病院です。病院内に地域医療連携室という組織を持ち、他施設から当院への紹介患者受け入れや、逆に当院から他施設への患者紹介を円滑に行う仕事が最も有用な任務です。また、MRIやCTなどの大型医療機器による検査などを、町のお医者さんと呼ばれる診療所の先生方がネット予約でも利用できる環境を提供しています。医療のレベルアップのために、医師、看護師など医療関係者は、一生涯勉強することが必要ですが、その場を提供する研修センターを整備し、研修を実施しています。さらに、一般市民にも健康と病気に関心をもってもらうために、市民公開講座を開催しています。医師や看護師、薬剤師などが埼玉病院から外に出て、公開講座での講演や医療・健康相談などの活動をしています。

医療連携は、以前から病診連携(病院と診療所の連携)、病病連携(病院間の連携)と呼ばれて、その必要性は広く認められていました。発病した患者の診断治療開始から終了までの全てをひとつの病院で行うことが難しく現状では無理なので、それぞれの地域でいくつかの病院、診療所が役割を分担しつつ診療の開始から終了までを完結させるのが現実的だからです。連携は情報の効率的な処理が必要で、医師の個人的な連絡網では事足りず、組織とシステムで取り組むのが地域医療連携室の役割でもあるのです。埼玉病院は電話やファクシミリからインターネット環境下での紹介逆紹介を推進しています。

地域医師会の先生方には、いつも大変お世話になっております。登録医になっていただき、当院への患者紹介や逆紹介の受け入れ、開放病床への入院患者紹介と共同指導、大型医療機器の共同利用、ネットを利用した埼玉病院内と同じ環境(バーチャルホスピタル)での診療をしていただけるよう、埼玉病院の連携室は応援してまいります。この地域(和光市、朝霞市、志木市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、練馬区、板橋区)に、信頼される医療を提供することは、埼玉病院の心志でもあります。

地域医療支援病院の名称承認

埼玉病院は、埼玉県知事より平成19年11月2日付で「地域医療支援病院の名称承認」の通知が交付されました。(図1)埼玉県においては、9番目の承認となります。(図2)地域医療支援病院とは、上記のとおり医療施設機能の体系化の一環として、紹介患者に対する医療提供、医療機器等の共同利用の実施等を通じて、かかりつけ医等を支援する医療法で定められた病院です。当院の承認要件は上記1-1-イ(図4)のとおりです。

埼玉病院は、地域医療支援病院の承認を機に、これまで以上に地域の皆様により良い医療を提供できるよう、また、地域の医療機関から安心して患者さんを紹介していただけるよう努力してまいりたいと思います。

▲図1

▲図2

▲図3

▲図4

▲図5