医療関係者の方へ
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

地域災害拠点病院

埼玉病院 トップ > 医療関係者の方へ > 地域災害拠点病院

地域災害拠点病院

1. 地域災害拠点病院とは

厚生労働省は平成7年の阪神淡路大震災を契機に、災害医療体制、特に災害時の初期救急医療体制の充実を図ることを目的に、全国の都道府県に災害拠点病院を指定することを平成8年に通達しました。 災害拠点病院とは、災害発生時に被災地内の医療機関を支援して、24時間緊急対応し、傷病者を受け入れるなど、災害時の医療救護活動において拠点になる病院を指します。

2. 地域災害拠点病院の指定

埼玉病院は、平成27年11月12日に埼玉県より地域災害拠点病院の指定を受けました。 当院は埼玉県南西部医療圏の災害拠点病院として、さらには被災地へDMAT隊を派遣できる病院として地域に貢献して参ります。DMAT隊は日本DMAT、埼玉DMAT、埼玉SMARTに登録をしており、災害時に迅速に対応すべく、日々、研鑽に努めております。

3. 事業継続計画(BCP)

埼玉病院は災害時に事業を継続できるよう、事業継続計画(BCP)を平成25年より策定しております。さらに災害のみならず、新型ウイルスのパンデミックなども対応するため、事業継続マネージメントシステム(BCMS)を取り入れており、平成26年2月にその国際規格のISO22301を取得しております。

DMAT隊員による救助活動の様子(和光市主催防災訓練)

平成27年9月関東・東北豪雨 (鬼怒川氾濫水害) 活動拠点本部ミーティング

平成27年9月関東・東北豪雨 (鬼怒川氾濫水害) 活動拠点本部 医療調整業務

2016年4月24日 熊本地震の避難所にて医療活動

院内の災害訓練で重症(赤)治療エリアを救急外来に立ち上げる様子