• 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

PHOTO REPORT

埼玉病院 トップ > PHOTO REPORT > 第24回市民公開講座

PHOTO REPORT

2016年03月09日(水)第24回市民公開講座

 第24回市民公開講座を、平成28年03月09日(水)に開催しました。
 今回は、「いのちを支える緩和ケア」~自分らしく生きるために~というテーマで開催されました。
演題は5題でした。
 最初に、当院の緩和ケア内科医師の春日先生が「緩和ケアってなあに?~緩和ケアを誤解していませんか?」というタイトルで、緩和ケアの基本的な考え方やどうして早期に緩和ケアを受けた方がいいのかなどを動画を交えて講演をされました。
 第2の講演では、当院のがん性疼痛看護認定看護師の湯之原さんが「ここち良いケア」という演題で、当院の緩和ケアチームの体制、食事の楽しむケア、排便のケア等についてイラストや写真を交えて講演されました。
 第3の講演では、当院の緩和ケア内科医師の赤司先生が、「がんと上手につき合うコツ がん患者として元気にいきる」という演題で、上手に化学療法や放射線治療を受けるコツや「こんなことありませんか?」といろいろな例を出してがん治療とうまく付き合うコツについて講演されました。
 第4の講演では、当院の薬剤師の油布さんが痛み止めの薬について、薬の種類、服用の仕方、副作用についての講演をされました。
 第5の講演では、さくら訪問看護ステーションの看護師 勝又さんが「安心しておうちに帰りましょう!」~病院から在宅へつなぐ緩和ケア~という演題で在宅療養について訪問看護の役割や実際に訪問している患者さんの例や患者さんへのサービスの提供内容等について講演されました。アンケート結果は80%以上の方が満足したとの回答でした。
 次回は、第25回市民公開講座が6月16日(木)に和光市民文化センターサンアゼリアで開催されます。多くの方のご参加をお待ちしております。