• 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

PHOTO REPORT

埼玉病院 トップ > PHOTO REPORT > 第32回市民公開講座

PHOTO REPORT

2018年3月15日(木)第32回市民公開講座

平成30年3月15日(木)、第32回市民公開講座が和光市民文化センター「サンアゼリア」にて開催されました。当日は天候に恵まれ、221名の方にご参加いただきました。
今回は「高齢化にともなって運動機能の低下をきたす疾患「運動器不安定症」~最近の治療について~」と題し、吉田整形外科部長が座長となり、7題の講演を行いました。講演内容は次のとおりです。
最初は吉田整形外科部長による「運動器不安定症とは」で、その定義、診断基準など。
第2講演は吾郷整形外科医師による「骨粗鬆症と大腿骨頚部骨折」で、骨粗鬆症の定義・危険因子、年齢による骨密度の変化、骨折の危険因子など。
第3講演は福田整形外科医師による「変形性股・膝関節症」。膝・股関節の機能と構造、変形性関節症とその治療、当院における人工関節手術など。
第4講演は6S病棟の江井・平澤・小川看護師による「転倒予防エクササイズと転ばない環境づくり」。室内における転倒しやすい場所や環境、今からできる環境作り、転倒予防の運動など。
第5講演は飯塚整形外科医長による「腰部脊柱管狭窄症,脊椎圧迫骨折と脊髄障害」。腰部脊柱管狭窄症と脊椎圧迫骨折・脊髄障害の症状・原因と病態・診断・予防・手術方法など。
第6講演は森澤リハビリテーション科医長による「関節リウマチ」。関節リウマチとは、関節リウマチの症状の進み方など。
最後の第7講演は、橋本整形外科医師による「運動機能の自己チェックと予防運動」。ロコモティブシンドロームを防ぐためには、ロコモーショントレーニング、など。
どの講演も市民の皆様にとって役に立つ内容であり、終了後のアンケートをみても、ご満足頂いております。
次回、第33回市民公開講座は6月14日(木)に「サンアゼリア」にて開催されます。多くの方のご参加をお待ちしております。