• 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

PHOTO REPORT

埼玉病院 トップ > PHOTO REPORT > 第33回市民公開講座

PHOTO REPORT

2018年6月14日(木)第33回市民公開講座

平成30年6月14日(木)、第33回市民公開講座が和光市民文化センター「サンアゼリア」にて開催されました。当日は天候に恵まれ、117名の方にご参加いただきました。今回は「救急車に乗らないために」と題し、冨永救急科医長が座長となり、3題の講演を行いました。講演内容は次のとおりです。
最初は冨永救急科医長による「救急車に乗らないために」で、救急搬送が増えている、脳卒中を回避せよ、インフルエンザにやられるな、について。
第2講演は石井救急科医師による「熱中症ゼロへ」で、熱中症の疫学・病態・治療法など。ポイントとしては、熱中症にならないこと、もし高温多湿の環境で熱中症を疑う症状、いつもと違う感じを自覚したら、熱中症を疑い、早期応急処置を行う、意識障害が認められれば、早期に救急要請を、など。
第3講演は本間診療看護師による「診療看護師って?」。診療看護師(ナースプラクティショナー)とは、特定行為とは、救急科での業務の実際、専門看護師(CNS)・認定看護師(CN)との違いなど。
どの講演も市民の皆様にとって役に立つ内容であり、終了後のアンケートをみても、ご満足頂いております。
次回、第34回市民公開講座より、場所を当院の新館(エントランス棟)に移し、10月25日(木)に開催されます。多くの方のご参加をお待ちしております。