職員募集
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

臨床研修医募集案内

埼玉病院 トップ > 職員募集 > 臨床研修医募集案内 > 臨床病理プログラム

臨床研修医募集案内

臨床病理プログラム

指導医:島田哲也(臨床検査科)

一般目標(GIO)

医療における病理の役割と業務の実際を理解するとともに,疾患を総合的に理解する力を習得する.

行動目標(SBOs)

  1. 臨床経過・問題点を的確に解釈・説明できる.
  2. 病理解剖の適応と法的遵守事項を説明できる.
  3. 病理解剖の目的と意義を説明できる.
  4. 病理解剖の手技を説明できる.
  5. 御遺体に対して礼をもって接する.
  6. 病理所見(肉眼・組織)・病理解剖診断の内容を説明できる.
  7. 症例のプレゼンテーションができる.
  8. 病理診断の目的と意義を説明できる.
  9. 組織検体,細胞検体の提出方法を説明できる.
  10. 病理標本,細胞標本の作製方法を説明できる.
  11. 病理組織診断,細胞診断の報告内容を説明できる.
  12. 術中迅速診断の適応と診断の限界を説明できる.
  13. 病理業務におけるバイオハザードを説明できる.
  14. 臨床医,検査技師などのコメディカルと協調する.
  15. 病理業務のコストパフォーマンスに関心をもつ.
  16. 病理材料を用いる研究に対する倫理的配慮を説明できる.

方法

  1. 研修期間:1ヶ月
  2. 研修方法:指導医あるいは臨床検査技師とのマンツーマンによる指導.共に,標本作製,診断,病理解剖などの実際の業務に携わる.必要に応じて自己学習する.

評価

上記行動目標それぞれについて,A(優),B(可),C(不可)の3段階に,自己評価・指導医評価をする.