職員募集
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

臨床研修医募集案内

埼玉病院 トップ > 職員募集 > 臨床研修医募集案内 > 泌尿器科プログラム

臨床研修医募集案内

泌尿器科プログラム

指導医:門間哲雄

一般目標

  1. 泌尿器科領域臓器(腎・尿管・膀胱・尿道・副腎・前立腺・精巣等)の解剖・生理を理解し、それらに発生する疾患の検査・治療法を学習し、修得する。
  2. 泌尿器科領域の画像検査法を理解し、その読影を可能にする。
  3. 高齢化社会を迎え、全ての科において高齢者の排尿管理に対する理解は必要である。当科の研修を通じ、排尿に関する機構を理解し、正しい排尿の誘導法や排尿障害の対処法を修得する。

行動目標

  1. 外来において診断に必要な問診と病歴・家族歴等の聴取を行う。
  2. 病棟・外来において診断に必要な検査を理解する。
    • 視診、触診、直腸診。
    • 血液検査、尿検査、細菌検査、病理検査。
    • 内視鏡(膀胱鏡)検査。
    • 画像検査(KUB、IVP 等尿路造影検査、超音波検査、CT、MRI、アイソトープ検査)。
    • 排尿機能検査、尿失禁検査。
    • 腎機能検査。
    • 副腎機能検査。
  3. 病棟・外来において泌尿器科領域疾患の治療法を理解する。
  4. 尿路変更後の管理、導尿カテーテル管理を修得する。
  5. 手術に加わり泌尿器科領域の手術、特に内視鏡手術を理解する。
  6. 術前・術後管理、特に高齢者の全身管理を理解する。
  7. 外科・婦人科・内科等、他科との境界領域疾患における当科の役割を理解する。
  8. 患者およびその家族との接し方、インフォームドコンセントに関して理解する。
  9. 診療記録を読み、また記載することで患者の状態を理解するとともに、その日の診療を復習し、翌日の診療の予習を行う。

研修方法

  • 当科の研修を受ける者は原則として外科の研修を終了し、外科領域で必要な清潔・不潔の概念、清潔操作、手術室の出入り法、手あらい法の修得は既になされているものとする。
  • 研修は4 週間以上の連続した期間を原則とする。夜間・休祭日はカリキュラム上の研修は行われないが、泌尿器科的な救急患者の診察・処置は重要であり、オンコールの泌尿器科医師の指導のもと自主的な研修が望まれる。

評価

一般目標、行動目標の各項目で、a(十分達成) b(ほぼ達成) c(やや不十分)の3段階評価を、自己評価および指導医評価として行う。以下の項目を評価の際の参考にする。

  1. 泌尿器科領域の解剖・各臓器の生理、および泌尿器科領域疾患の検査・診断・治療法の理解。
  2. その理解を行うための積極性。
  3. 診療記録の記載をはじめ医療業務に対する態度。
  4. 患者および家族に接する態度。