診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

循環器内科(概要)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 循環器内科(概要)

循環器内科

循環器内科概要

心臓病と脳卒中による死亡は日本人の死因の第2・3位を占め、その総数は第1位のガンとほぼ同数です。しかし、心臓病と脳卒中をあわせた循環器系の疾患の患者数はガンよりはるかに多く、約4倍となっています。

当院の循環器内科は、心臓・大血管に関するすべての疾患を取り扱います。2009年の主な疾患の入院症例数は急性心筋梗塞118例、狭心症259例、心不全126例でした。

循環器内科病棟は心臓血管外科と混合で50床(うちCCU4床とHCU4床)を有しています。心臓カテーテル検査装置2台、64列マルチディテクターCTによる冠動脈CT、心エコー装置、トレッドミル運動負荷心電図、ホルター心電図、心臓核医学検査、MRI、血管内超音波装置など大型検査装置を完備、大動脈バルーンポンプ、経皮的心肺補助装置など治療に必要な高度医療装置もそろっています。毎年これらの装置を駆使して、心臓カテーテル検査700~800件、PCI(経皮的冠動脈カテーテルインターベンション=急性心筋梗塞や狭心症の治療。バルーンで狭くなった冠動脈を拡張したり、ステントという金網で血管を内側からしっかり拡張します)250~300件、心エコー検査350~400件、トレッドミル運動負荷試験700~800件、ホルター心電図検査1000~1500件、ペースメーカー植え込み術40~50件を行い、埼玉県朝霞地区の心臓病診療の中心施設となっています。心臓病の特徴は救急患者として発症することです。当院では2005年11月から朝霞地区で初めてとなる特定集中治療室CCUを開設し、循環器科医師が365日24時間常駐体制にして救急患者さんに対応しています。特に急性心筋梗塞に対しては、最善の治療とされるPCIを24時間いつでも行える体制をとっています。心臓血管外科との連携も良好で、冠動脈バイパス術、人工弁置換術、大動脈瘤の手術などを協力して行っています。植込型除細動器、心臓再同期療法など高度先進治療は慶應義塾大学と連携して行っています。