診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

皮膚科(概要)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 皮膚科(概要)

皮膚科

皮膚科概要

皮膚科は文字通り、皮膚に生じる病気を扱う専門科です。
湿疹、アトピ―性皮膚炎、白癬(水虫)や感染症など皮膚から発生する症状だけでなく、全身の病気のひとつの症状として皮膚に変化が現れることがあり、全身の病気の診断や治療に皮膚科が協力することもあります。皮膚は内臓の鏡である、とよく言われています。

平成28年4月より担当医が交代し、慶應義塾大学医学部皮膚科学教室の連携施設として新たな体制をスタートいたしました。
埼玉県南西部の中核病院として患者さんのお力になれるよう努力していきたいと考えております。

診療の受け入れは皮膚の病気全般において可能ですが、病院の特性上、かかり付けの医療機関で治療の難しい患者さん、手術や入院による治療が必要な患者さんの診療が対象となります。また、患者さんがなるべく万全の体制で診療を受けられるよう、かかりつけの先生と情報交換をしながら、協力して治療に取り組んで参りたいと思いますのでどうぞご理解の上、受診していただくようお願いいたします。

治療を行う疾患

  • 皮膚科一般(湿疹・皮膚炎群、感染症)
  • 良性の皮膚腫瘍、悪性皮膚腫瘍(皮膚がん)、軟部腫瘍
    悪性黒色腫(メラノーマ)のセンチネルリンパ節生検、化学療法も含む。
    皮膚・皮下腫瘍の診断にはダーモスコピーや皮膚エコー検査を活用します。
    粉瘤を数mmの切開から切除する「へそ抜き法」、
    大型の脂肪腫を2~3cmの切開から切除する「スクイージング手術」を扱います。
  • 爪の疾患(巻き爪、陥入爪、爪下・爪周囲の腫瘍)
    ワイヤー、クリップによる治療も行います(自費診療)
  • しみ・あざ・いぼに対するレーザー治療
  • 乾癬の生物学的製剤による治療
  • 帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
  • 腋窩多汗症に対するボトックス注射
  • 表情皺に対するボトックスビスタ注射(自費診療)
  • 壮年性脱毛症(AGA)の治療

 診断内容によっては、形成外科への依頼もしくは共同での治療を行います。


関連リンク