診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

臨床検査科(生理検査部門の紹介)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 臨床検査科(概要) > 生理検査部門の紹介

臨床検査科

生理検査部門の紹介

心電図検査

心臓が動く時に発生する電位を体表面から記録して心筋梗塞や狭心症など心筋の状態や不整脈を診断する検査です。

負荷心電図検査

一定の運動等で心臓に負担を掛けて、安静時には発生しづらい狭心症や不整脈の診断をする検査です。

ホルター心電図検査

携帯用心電計を取り付けて長時間心電図を記録します。日常生活中の心電図の変化をとらえます。(夜間や朝方に症状の出やすい方に有用な検査です。)

脳波検査

脳の活動電位を頭皮上から記録して、てんかん等の脳疾患をみつける検査です。

呼吸機能検査

肺の機能を調べて、喘息、肺気腫などの疾患をみつける検査です。 肺活量の検査は手術前検査としても行われています。

ABI検査(足関節上腕血圧比)

両手と両足首に血圧計を取り付け、手と足の血圧差より動脈硬化など血管障害を調べる検査です。

筋電図検査

体表の神経に微量の電気をあて、伝導速度を調べる検査と、直接筋肉に針電極を刺し、筋の活動電位を調べる検査です。糖尿病などの末梢神経障害やその他の神経障害をみつける検査です。

超音波検査

目的とする臓器(心臓・腹部・頸動脈・乳腺など)に体表から超音波をあて、その臓器の異常の有無を調べる検査です。