診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

臨床検査科(検体検査の紹介(病理・細菌・輸血))

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 臨床検査科(概要) > 検体検査部門の紹介(病理・細菌・輸血)

臨床検査科

病理・細菌・輸血

病理検査

内視鏡検査や針穿刺などで採取された検体(生検)や手術で摘出された検体から病気(疾患)の診断をする検査です。摘出された検体から標本を作製し、病理医が顕微鏡をみて診断を行います。主にがんや筋腫等の腫瘍性病変、炎症性疾患などは病理組織診断が最終診断となります。また、手術中に凍結標本をもちいた診断(術中迅速診断)や病理解剖も行います。

細菌検査

尿・便・痰・膿などの排泄物や血液・穿刺液(髄液・胸水・腹水)、組織など患者さんに由来するあらゆるものを検査の対象として扱い、感染症の原因菌となっている細菌をさがします。原因となる細菌では、どの種類の抗菌薬に対して効果があるのかを調べ(薬剤感受性試験)、臨床側(医師)に報告します。MRSAや多剤耐性緑膿菌などの耐性菌の検出状況を病棟別に集計し、感染防止対策委員会への報告や、ICT(Infection Control Team)の一員として院内感染制御活動にも参加しています。

輸血検査

血液型(ABO式・Rh式)・不規則抗体検査・交差適合試験などの輸血に必要な検査を行っています。他には、輸血用血液製剤の受注から納品保管管理、貯血式自己血採血の介助および自己血製剤の保管管理を行っています。輸血業務は厚労省より出されているガイドライン等に準じて、厳正に行われています。なお、院内において輸血療法委員会を開催し、輸血実施状況や副作用発生件数などについて報告を行い、輸血全般について討議・決定し、日々患者さんが安全な輸血が行われるように努力しています。24時間態勢で常時、緊急検査に対応しております。