診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

臨床検査科(検体検査の紹介(検体検査))

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 臨床検査科(概要) > 検体検査部門の紹介(検体検査)

臨床検査科

検体検査




生化学的検査

血液中の酵素、蛋白質、脂質、糖質などの生化学的成分を測定することにより、肝機能や腎機能などがわかります。メタボ健診などでご存じの中性脂肪やコレステロール、血糖を検査しています。

血液学的検査

血液中の赤血球や白血球の数や細胞の種類の検査を行います。出血や血液を造る能力の低下による貧血や細菌やウィルスなどの異物から感染防御に作用する白血球の増加や減少を調べる検査です。

一般検査

尿や便を調べることは、各種疾患を知るために重要な検査となっています。尿では糖尿病や腎臓病が、便潜血では大腸癌の検査としては欠かせない検査です。

免疫学的検査

体の中に細菌やウィルスが入ると、免疫が作られ、体を守ろうと働きます。血液中に作られたその免疫(抗体)があるかどうかを調べています。
悪性腫瘍やホルモン異常、自己免疫疾患などの疾患を診断するための腫瘍マーカーやホルモンなどの検査を行っています。