診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

内科(禁煙外来)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 内科(概要) > 禁煙外来

内科

禁煙外来

禁煙外来につきましては紹介状は不要です。当科と脳神経外科の医師が標準手順書にのっとり保険診療をおこなっております。ただちに禁煙をご希望の方地域連携室にご相談ください。(標準手順書につきましては肺がん学会、禁煙学会のHPをご参照下さい)
肺がん学会(外部サイト) http://www.haigan.gr.jp/
禁煙学会(外部サイト) http://www.nosmoke55.jp/

禁煙治療の概要説明資料

2006年4月から禁煙治療が保険適用されることになりました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。治療は下記の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。

一定の条件
  1. 年数×1日のたばこの本数が200以上であること
    たとえば20年間で20本毎日吸っていたかたは20x20で400となり保険診療が可能です。
  2. 禁煙に対する下記の問題が5点以上のかた
    設問内容 はい いいえ
    問1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
    間2.禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
    問3.禁煙したり本数を滅らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
    問4.禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない.集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
    問5.問4でうかがった症状を消すために.またタバコを吸い始めることがありましたか。
    問6.重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
    問7.タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
    問8.タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
    問9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
    問10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
  3. そして禁煙宣言書に署名いただき5回の禁煙診療に必ず来院することができる方です
    禁煙宣言書
    私はニコチン依存症であることを認識し、喫煙の害ならびに禁煙の効果を十分に理解した上で、月日より、禁煙することを宣言します。

    患者氏名                     
    担当医                     

    私は、禁煙が成功するよう温かく支援することを約束します。

    支援者                     

さて準備が整いましたら一酸化濃度を測定します。タバコに含まれている有害成分の摂取状況の把握です。タバコには、約200種類以上の有害物質が含まれています。代表的な有害物質としては、ニコチン、一酸化炭素、タールがあります。これらの有害物質をどれくらい体内に取り込んでいるかは、タバコの吸い方によって変わり、タバコの本数だけでは正確に把握することができません。
ここでは一酸化炭素を指標として、あなたがタバコに含まれている有害成分をどれくらい取り込んでいるか、調べてみましょう。毎回何PPMになったか医師が説明します。禁煙者は0になります。
治療は5回です

受診時期 治療内容
治療前の問診・診療 禁煙治療のための条件の確認
初回診療
  1. 診察
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  4. 煙補助薬の処方
再診1 (2週間後)
再診2 (4週間後) 
再診3 (8週間後)
再診4(12週間後)
費用はいくらかかるの?
ニコチンパッチの場合*5 バレニクリンの場合*5
費用 自己負担額
(3割負担として)
費用 自己負担額
(3割負担として)
診療所 初診料+再診料*1
ニコチン依存症管理料
院外処方せん料*2
7,540円
9,620円
2,040円
5,760円 7,540円
9,620円
2,720円
5,960円
保険
薬局
調剤料*3
禁煙補助薬*4
2,800円
20,730円
7,060円 5,980円
37,660円
13,090円
合計 42,730円 12,820円 63,520円 19,050円
*1禁煙のみを目的に、診療所又は認可病床数が200床未満の病院で治療を受けると仮定。再診料には外来管理加算を含むと仮定。
(注)他の疾患の治療にあわせて禁煙治療を受ける場合、初診料および再診料については重複して支払う必要はありません。
*2院外処方で、禁煙補助薬のみ処方されると仮定。
*3処方せん受付回数が月4000回超かつ特定の保険医療機関からの集中度が70%超以外の保険薬局で調剤を受けると仮定。調剤基本料・調剤料のほか、薬剤服用歴管理指導料、薬剤情報提供料を含むと仮定。
*4禁煙補助薬を標準的な用法・用量で使用すると仮定(ニコチンパッチは8週間、バレニクリンは12週間)。
*5上記費用は2010年4月に改定された診療/調剤報酬点数に基づいて算出。
禁煙の薬ってどんなくすり?

禁煙のための補助薬であるニコチンパッチ、ニコチンガムまたはバレニクリンが使えます。
これらの薬は禁煙後の離脱症状をおさえ、禁煙を助けてくれます。バレニクリンは喫煙による満足感もおさえます。ニコチンパッチ、ニコチンガムを使うと禁煙の成功率が約2倍、バレニクリンを使うと約3倍高まります。

ニコチンパッチニコチンガムバレニクリン
  • 健康保険が使えます。
  • ニコチンを皮膚から吸収させる貼り薬です。
  • 毎日1枚皮膚に貼り、離脱症状を抑制します。
  • 禁煙開始日から使用し、8週間の使用期間を目安に貼り薬のサイズが大きいものから小さいものに切り替えて使用します。
  • 高用量の剤形は医療用のみです。
  • 薬局薬店で購入します。
  • 口の中の粘膜からニコチンを吸収させるガム製剤です。
  • タバコを吸いたくなった時に1回1個をゆっくり間をおきながらかみ、離脱症状を抑制します。
  • 禁煙開始日から使用し、12週間の使用期間を目安に使用個数を減らしていきます。
  • 健康保険が使えます。
  • ニコチンを含まない飲み薬です。
  • 禁煙時の離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制します。
  • 禁煙を開始する1週間前から飲み始め、12週間服用します。

*一般用医薬品にもニコチンパッチがありますが、ここでは医療用のニコチンパッチについて説明しています。