診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

神経内科(概要)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 神経内科(概要)

神経内科

神経内科概要

【神経内科とは】

神経系、つまり脳・脊髄・末梢神経・筋肉・自律神経に異常があり、体が不自由になる病気を診療します。
よくある症状は、物忘れ、頭痛、しびれ、歩行障害、ふるえ、麻痺、めまい、けいれん、失神などです。
神経の病気には難病がふくまれますが、「神経内科の病気」=「難病」ではありません。早期に治療を
開始することにより症状が改善する病気も含まれます。また、「難病」でも、進行を遅らせ、
症状を緩和する治療を行うことができる病気も増えています。認知症はそのよい例です。「治る認知症」や「進行を遅らせることができる認知症」を診断し、治療を行うことによって、まだ低下していない機能を
できるだけ長く維持することが重要なのです。 手術が必要な病気の場合は脳神経外科にご紹介します。


【診療を行っている主な病気】

  • 脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血などの脳血管障害や脊髄血管障害
  • 片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛など、頭痛や顔面の痛み
  • アルツハイマー病、レヴィ小体型認知症、前頭側頭型認知症等の認知症
  • パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症などの神経変性疾患
  • 脳炎、髄膜炎などの神経感染症
  • てんかん
  • 多発性硬化症、視神経脊髄炎などの脱髄疾患
  • ギラン・バレー症候群や糖尿病などによる末梢神経障害
  • 多発性筋炎、重症筋無力症、筋ジストロフィーなどの筋・接合部疾患
  • 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣など
  • プリオン病
  • 他科疾患で起きる神経系合併症(膠原病・内分泌疾患などによるものを含む)
など