診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

脳神経外科(くも膜下出血)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 脳神経外科(概要) > くも膜下出血

脳神経外科

くも膜下出血

くも膜下出血は、死亡する確率も高い怖い病気のひとつです。その原因は、脳動脈瘤の破裂によるものがほとんどで、動脈瘤からの再出血がおこらないように、動脈瘤にクリップをかける開頭手術を全身麻酔下で行います。超音波ドップラーにより動脈瘤クリッピング術後も主幹動脈や穿通枝の血流が保たれていることを確認します。脳ドックなどで脳動脈瘤が発見され、くも膜下出血を発症していない患者さんも、患者さんごとに検討して手術の最適な方法を検討して、術中モニターも適宜行いながらクリッピング手術を行っております。

また、動脈瘤が破裂して救急外来へ搬送されたくも膜下出血の患者さんも、発症後の状態に応じて、急性期の開頭クリッピング手術を必要に応じて行います。

くも膜下出血急性期の脳のダメージや脳血管れん縮については、まだ解明されていないため、我々の施設でも病態究明のための実験を行ってまいりました。