診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

緩和ケア内科(概要)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 緩和ケア内科(概要)

緩和ケア内科

はじめに

がんによる痛み、苦しさなど、様々なからだの不調だけでなく、不安や、気力の低下、 不眠など精神的なつらさのケアもおこなうのが“緩和ケア”です。 最近では、がんに限らず緩和ケアは提供されるようになっており、当院でも行っています。
当院はがん診療連携拠点病院として、がん患者さんの体や心のつらさを和らげることに力を注いでいます。
緩和ケアは決して、終末期の患者さんにだけに提供されるものではありません。がん と診断された時点から患者さん、ご家族へ提供されるとともに、診断、治療、在宅医療 など様々な場面で切れ目なく実施される必要があります。
患者さんの生命、生活の質を大切にして、少しでもご自分らしい日々を送ることができるように、患者さんとご家族を支援します。

主にがん患者さん・ご家族の以下のような相談に対応しています

●痛みがつらい  ●夜眠れない  ●息苦しさがある  ●吐き気がつらい
●不安が大きい  ●気分が落ち込んでいる  ●気持ちを聞いてほしい
●退院後の生活について心配  ●だるい

緩和ケアチーム

近年、緩和ケアはがんの治療と並行して提供されるようになってきています。当院では「緩和ケアチーム」が主治医や病棟のスタッフと連携して、患者さんとご家族が自分らしく生活していく手助けをするための活動を行っています。治療方針は主治医が決定しますが、症状緩和についての相談に応じ、助言をさせていただきます。
緩和ケアチームでは、専門の医師や看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカーがチームとなって、痛みの専門的な対処や、気持ちのつらさを和らげる治療やケアを行っています。入院中はチームスタッフが定期的に病室へ訪問します。また通院中は外来で治療やケアを続けていきます。現在の治療や生活がうまくいくようにお手伝いしていく医療チームです。当院に通院・入院している患者さんであれば、その時のがんの治療の有無に関わらず緩和ケアチームに相談することができます。がんと診断されたときから、いつでも受けることができます。はじめは主治医の先生から依頼が必要となります。がんに関するつらさのある方、話を聞いてみたい方は、主治医もしくは担当の看護師、がん相談支援センターにご相談ください。

 受診の流れ

 ≪外来≫

外来で患者さんとご家族のさまざまなつらさを緩和します。
がんの治療をしている方々にも、治療と並行して苦痛を和らげるお手伝いをいたします。
当院通院中の方で、受診をご希望される場合は、外来の担当医師にご相談ください。



診療日は月曜日(初診)、木曜日(再診)で完全予約制となっています。
当科では緩和ケア病棟がなく、緩和ケア目的での入院はお受けしていません。
ご不明な点はがん相談支援センターへご連絡ください。
      ※クリックすると『がん相談支援センター』のページに移動します

 ≪入院≫

 緩和ケアチーム活動状況

 ★2015年度

緩和ケアチーム介入件数
≪外来≫新規患者数 79名
延べ患者数 424名/年
≪入院≫新規介入患者数 136名
延べ介入患者数 194名/年

 ★2016年度

緩和ケアチーム介入件数
≪外来≫新規患者数 72名
延べ患者数 406名/年
≪入院≫新規介入患者数 168名
延べ介入患者数 232名/年