診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

リハビリテーション科(概要)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > リハビリテーション科(概要)

リハビリテーション科

リハビリテーション科概要

リハビリテーション科では入院患者さんを対象に理学療法、作業療法、言語聴覚療法の三部門にて各障害に応じて患者さんの身体機能の改善、日常生活への復帰などをめざしリハビリテーションを行っております。
主な診療科は整形外科、神経内科、脳神経外科の患者さんですがその他内科、外科などの呼吸器疾患をお持ちの方や、体力低下が著しい方のリハビリも行っています。
尚、当院ではリハビリテーション目的の入院は行っておりません。

取得施設基準
運動器疾患Ⅰ 脳血管疾患等Ⅰ 心大血管疾患Ⅰ
職員構成
リハビリテーション医 2名
理学療法士 18名
作業療法士 10名
言語聴覚士 3名

各部門紹介

〈理学療法〉

理学療法では病気による障害や手術後など運動機能の低下した患者さんに対して運動機能の改善を目的に各種の運動療法や物理療法を行い、立ち上がる、歩くといった基本的な動作能力の回復を支援しています。
当院では骨折や人工関節の手術後、脊柱の手術後の整形外科疾患および神経内科、脳外科の患者さんを中心に内科、外科の患者さんなど幅広く対応しております。

〈作業療法〉

作業療法では運動機能が低下した患者さんに対して、その運動機能の改善を図るとともに日常生活に必要な動作能力を評価し更衣動作、調理動作など実際の動作を通して日常生活動作の改善を図る援助を行っています。
また上肢の整形外科疾患に対しても運動機能改善を目的に運動療法や日常生活の諸活動を通して改善を援助しています。

〈言語聴覚療法〉

言語聴覚療法では病気によってうまく話せない、声がでないといったコミュニケーションの障害のある方や、食べ物をうまく食べられない、飲み込めないなどの摂食嚥下機能の低下がある方を対象に検査やリハビリを行っています。
また医師の処方のもとに認知機能の低下がみられる方に対し、外来にて高次機能検査も行っております。