診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

呼吸器内科(初期研修プログラム)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 呼吸器内科(概要) > 初期研修プログラム

呼吸器内科

初期研修プログラム

Ⅰ 一般目標

  1. 呼吸器系の解剖・生理を理解する。
  2. 呼吸器領域の一般検査(胸部X線検査、CT、血液ガス分析、呼吸機能検査など)について十分理解し、検査所見の解釈ができる。

Ⅱ 行動目標

  1. 医療面接において、鑑別診断を頭に思い浮かべながら必要な情報を聴取するコツを体得する
  2. 病棟・外来において必要な検査や基本的な手技について適応、禁忌、結果の解釈ができる:各種画像診断、呼吸機能検査、血液ガス分析、胸水試験穿刺、気管支鏡
  3. 酸素療法、人口呼吸管理を体験し理解する
  4. 肺癌の診断から治療・緩和ケアまで経験し、最期の看取りを経験する
  5. 肺炎・喘息・COPDなどの common disease について、ガイドラインに基づく診断・治療・管理を学ぶ
  6. 日本呼吸器学会関東地方会、あるいは内科学会の地方会を聴取する
  7. 他の医療施設と合同の呼吸器カンファレンスに参加する

Ⅲ 研修方法

当科の研修は、内科の必須研修の一部をなし、初めて医師として患者に接する態度や、パラメディカルとのチーム医療の心構えなどについて、実際の症例を通して体得する。病棟管理から外来診療に立会い、コミュニケーションスキル、実際の実技を経験していく。救急については、他の内科系の医師にも指導を仰いでいく。診療記録についてはPOMRに基づいて記載する。

Ⅳ 評価

基本的にEPOCの3段階評価に準じる。特に積極性、研修態度を重視する。