診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

外科(消化器外科・乳腺外科)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 外科(消化器外科)(概要)

外科(消化器外科)

外科(消化器外科)概要

対象疾患

地域癌診療拠点病院として、消化器の悪性腫瘍に対する専門的な診断、治療を主とした診療を行っておりますが、胆石等の良性消化器疾患、鼠径ヘルニア、痔核や裂肛等の肛門疾患、急性虫垂炎や腹膜炎などの腹部救急疾患まで幅広い診療を行っております。

診療方針

我々は、常に最新、最善の治療方針を患者さんにお示しすることができるよう、新しい知識や技術を身につけるべく日々研鑽しております。その上で、基本的に各種ガイドラインで推奨されているような科学的根拠のある治療法を標準治療として推奨しています。しかし、治療方針の決定には、病状や治療について患者さんご本人、ご家族に詳しくご説明し、ご理解を得られた上でご希望に添った治療法を選択していくことを最も大切に考えています。特に、まだ標準治療が定まっていなかったり、標準とされる治療が患者さんの病状にそぐわないと考えられたりする場合には、我々が最も適切と考える治療法をそのメリット、デメリットを含めてご提示し、一緒に最善と思える道を進んでいける体制を作ることを目指しています。

診療上の特色

(1)多角的な診療

外科的な手術治療がメインとなりますが、消化器内視鏡の診断、治療、化学療法や放射線治療、緩和ケア等、様々な病態に対応して、定期的なカンファレンスやキャンサーボードにて他部門と情報を共有、連携をとりながら幅広い分野の診療を担当します。

(2)腹腔鏡下手術

近年では、傷が小さく、身体の負担が少ないとされる腹腔鏡手術が急速に普及しています。当院でも様々な手術で積極的に取り入れております。一般的に広く行われている胆のう結石や胃粘膜下腫瘍はもちろん、早期胃癌や大腸癌のほとんどに腹腔鏡を用いた手術を行っております。肝臓や膵臓に対する手術でも、当院では安全性を確保しながら早くから腹腔鏡手術の導入を進めており、これまで大きな合併症を起こすことなく徐々に適応を広げてきています。肝臓に関しても半数近くの症例は腹腔鏡で行うようになってきています。

(3)高難易度手術

肝門部領域胆管癌に対する血行再建を伴う肝膵同時切除や食道癌に対する胸腔鏡下の食道切除等、一般の市中病院ではなかなか手術が難しいこともある症例に関しても、可能な限り当院で治療が完遂できることを目指しています。そのために、大学病院と緊密な連携のもと治療方針を共有し、エキスパートを招聘して当院で手術を行うことや、大学での手術の後また当院で術後管理をさせていただくといった方法をとり、専門性と地域に根ざした利便性を両立すべく努力して参ります。

(4)化学療法

化学療法に関しては、最新の科学的根拠に基づいた治療法を中心に行っています。外来で施行可能な治療法はできるだけ外来で行うこととし、入院による様々な負担を回避しています。また、食道癌、胃癌、直腸癌、膵臓癌等では、症例に応じて手術の前に腫瘍の縮小や病勢のコントロールを目的とした術前化学療法や術前化学放射線療法を積極的に取り入れ、切除率や術後再発率の改善に取り組んでいます。

(5)救急医療

365日24時間、緊急手術に対応できる体制を敷き、あらゆる腹部救急疾患に対応しています。