診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

外科(消化器外科・乳腺外科)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 外科(消化器外科)(概要)

外科(消化器外科)

外科(消化器外科)概要

はじめに

医学の進歩は日進月歩で、外科領域に関しても例外ではありません。
そのため、我々外科医は新しい知識を身につけるため、日々研鑽を積み、技術を磨いています。しかし、技術だけが先走りしてしまい、患者さんや御家族の御希望やお気持ちとは別な方向に治療が進んでしまうことは避けなければいけません。私どもは常日頃より患者さんや御家族とよく話し合い、最適な治療を提供するよう心がけており、技術と心の両面から患者さんをサポートさせていただいております。

対象疾患

消化器の悪性疾患(おもに食道癌、胃癌、大腸癌、膵癌、肝臓癌など)を中心に診断と治療を行っています。また胆石症やヘルニア、虫垂炎、痔疾患などの良性疾患も同様に診療を行っています。

治療方針

当科では一般外科および消化器疾患の手術療法の他、内視鏡治療、化学療法などを行っております。多岐にわたる治療の選択肢を定期的なカンファレンスおよびキャンサーボードにて検討し、他科と連携を取りながら患者さんにとって最良の治療法を選択しております。

診療上の特色

(1)腹腔鏡下手術
傷が小さく、身体の負担が少ない腹腔鏡手術を積極的に取り入れております。
最近では胆のう結石や胃粘膜下腫瘍はほとんど、早期胃がんや大腸がんの半数以上は腹腔鏡を用いた手術を行っております。
(2)機能温存手術
癌の手術では、癌の根治性を高めることは当然のことであるが、同時に機能温存手術を行うことを目指しています。たとえば、胃全摘術における代用胃の形成や直腸癌手術における神経温存術や代用膀胱の形成などの機能温存手術です。このようにしてなるべく患者さんの術後の負担を減らすようにしています。
(3)化学療法
化学療法に関しては、最新の科学的根拠に基づいた治療法を中心に行っています。また、患者さんの個体差やライフスタイルに合わせたテーラーメイド治療も患者さんと相談の上、行っております。
(4)緩和医療
最近では終末期のみならず、初期の段階からがんに対する緩和医療が必要と言われております。当科では主治医、がん性疼痛認定看護師、緩和ケアチームが協力して、必要に応じた緩和医療を行っています。

お問い合わせ

お問い合わせ等は下記アドレスまでお願いします。
ishizuka@wakho.hosp.go.jp

To English speaking patients.

Living in a foreign country can be a very stressful situation especially when health care problems are involved. I received all of my compulsory education in the U.S. and also did some post-doctorate work at Cornell University. If you have a health problem concerning general surgery or gastrointestinal surgery, I may be able to help. In other areas, I may be able to refer you to a suitable institution or health care provider.
Please feel free to contact us at the address below.

Chief Surgeon, Department of Surgery
Hiroto Ishizuka M.D.

Please direct all inquiries to :
ishizuka@wakho.hosp.go.jp