診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

呼吸器外科(自然気胸)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 呼吸器外科(概要) > ご紹介いただくときは

呼吸器外科

ご紹介いただくときは

ご紹介いただく際の手続きやお願いです。

外来受診予約は

当院の予約方法につきまして、詳細は該当のページをご参照ください。

【通常の診察予約の場合】
  C@RNA(カルナ)というシステムをご利用になっているご施設からは

当院には、外来予約システムとして富士通が開発したC@RNA(カルナ)というシステムがあります。こちらのシステムをご利用できるなら、当院外来予約システムC@RNA、カルナ)をご利用ください。院内からの予約に優先してカルナ予約枠を確保しておりますが、予約枠には限りがあります。ご容赦ください。カルナ枠以外でも直接、当院病診連携室担当者へご連絡いただければ、カルナ枠以外でもご予約できます。

当院外来予約システムC@RNA(カルナ)がご利用になれない場合は

直接、当院病診連携室担当者へご連絡いただき、予約お願い申し上げます。ご希望の日時に予約ができないこともございます。ご容赦ください。

【予約が入らない、あるいはお急ぎの場合】

どうしても予約が間に合わないような場合、急いで診察をした方が良い場合は、当科医師へ電話でご相談ください。病状をお尋ねしたうえで、必要があれば、状況が許す限り、緊急対応致します。
予約にあたっては、呼吸器「内科」と呼吸器「外科」の違いにご注意ください。

専門外来について

【火曜日は肺癌専門外来です

火曜日は非常勤医師が行う肺癌専門外来の日です。肺癌が疑われる症例や、肺癌検診での精査依頼などは、この日にご紹介いただければ幸いです。専門医資格を持つ呼吸器外科医が担当しておりますので、気胸や縦隔疾患など一般の呼吸器外科診療も致します。専門外来の名称に拘らずご利用ください。

【木曜日は気胸専門外来です】

木曜日は常勤医による気胸専門外来の日です。気胸は、診断治療ともに平易な疾患と見られがちですが、知識や経験・技術の差が診療結果に大きく影響する疾患です。呼吸器科医でも誤った通説や古い知見で診療にあたる者も少なくありません。
この度、当科部長が気胸診療の専門学会である日本気胸嚢胞性肺疾患学会の理事に就任しましたことを機に、気胸診療の幅を広げ、質向上を目指すため当科に専門外来を開設いたしましたので、気胸診療に関するご相談などありましたら、当専門外来をお気軽にご利用ください。

外来受診にあたってのお願い

【画像データをご提供いただければとても助かります

特に初診の場合、診察には受診予約だけでなく、できる限り【診療情報・レントゲン写真(あるいは画像データ)】をお貸出しください。特に画像情報は呼吸器外科の診療には必要不可欠です。所見のない画像も重要です。 その他に必要な検査データがあれば、それらも併せてお貸出しください。 もし他の病院で検査など行われているのであれば、それも診察の際にお持ちください。
手術にあたっては内服薬の確認も必要となります。処方の内容、中止の是非なども併せてお知らせいただけると有難く存じます。
お貸出しいただいた情報は、複写提供されたものを除き、全てお返しいたしておりますので、返却されないものがあればご連絡ください。

【情報提供するレントゲン画像などがフィルムである場合

当院では、画像情報につきまして、完全デジタル化が成されておりますが、フィルムとなっている場合でも、全く問題ありません。フィルム画像をご提示・ご提供いただければ助かります。デジタルデータの場合はDICOM形式のファイルでも、JPEG形式のファイルでも構いません。メディアの媒体も選びません。データ出力が難しい場合は、紙に印刷されたものでも構いませんので、ご提供ください。

【1行でも事前情報があれば大変ありがたいです

当院の外来予約システム(C@RNA、カルナ)から予約をいただく場合でも、事前に診療情報をご提供いただければ大変有難く存じます。『異常陰影』でも、『定期検査』でも何でも結構です。

【高齢者一人での受診は】

可能な限り、ご家族とともに受診していただきますよう、ご指示お願い申し上げます。特に近年は、ご高齢の方の受診機会が増えております。ご高齢の御夫婦やおひとりだけの受診では、限られた時間内の説明で、充分な理解を得、治療方針に対する合意をいただくことは大変難しい状況です。御子息・御令嬢などいらっしゃる場合は、可能な限りご一緒に受診いただき、説明を聞いていただければ有難く存じます。本来は原則として、ご本人の意志さえ確認できれば、手術を実施することは可能ですが、現実には、ご家族の了解なしには手術できません。また未成年者の場合は、必ず保護者との受診をお願い申し上げます。

このような場合は

お急ぎの時

当院診療連携を通し、直接当科医師へお電話ください。外来日以外でも、可能な限り、外来診療に対応しております。緊急時などは、まず電話で当科医師までご連絡ください。 もちろん診療時間内であっても、お電話に対応できないことや、代わりに看護スタッフや事務員が対応することもございます。ご迷惑をおかけすることも多いかと存じますが、何卒ご容赦ください。

【外科診察でよいかどうか分からない時

呼吸器内科か呼吸器外科か受診先が分からない場合は、その旨、診療情報提供書に御記載いただいた上で、予約ご紹介下さい。当科あるいは呼吸器内科で一度拝見した上で、適切な診療科で診察できるよう手配させていただきます。もちろん、事前に当院呼吸器内科・呼吸器外科医師へ直接お尋ねいただくのが一番確実です。
診察させるべきかどうかわからない時や、診察させる前に手術の適否など知りたいというような場合も、直接電話などで当科医師までお尋ねくださるか、診療情報提供書にその旨ご記載ください。

【セカンドオピニオンの際は

セカンドオピニオンについては、病院の規定に沿って対応させていただきます。

【休日時間外の診察は

当院では休日と時間外診療は、原則として当直医が診察を担当します。診療時間外であっても、当科医師が在院中であれば、可能な限り診療しておりますので、呼吸器外科疾患であれば、当科医師へ直接ご連絡下さい。念のため、当科医師が不在か否かご確認いただければ助かります。在院中でも対応できない場合があること、さらに専門外の外科系当直医が初期診療にあたる場合がありますことは、何卒ご容赦ください。
呼吸器疾患でも内科疾患と思われる場合は、当科では時間外に診療できません。内科系当直あるいは呼吸器内科にお問い合わせください。

【がん医療連携手帳(肺がん)を持参した場合の診療について

手帳はがん診療における地域連携を強化しようとするものです。手帳内に貴院での診療内容など簡単にご記入下されば、大変助かります。連携していただける場合は、がん治療連携指導料が算定できます。詳しくは当科のがん医療連携に関するページをご覧ください。