診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

呼吸器外科(自然気胸)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 呼吸器外科(概要) > 対象疾患

呼吸器外科

対象疾患

私ども呼吸器外科は、胸部一般外科として甲状腺以下の頚部から横隔膜までの胸郭・胸腔内病変を扱って参ります。

外科治療を必要としない呼吸器疾患は呼吸器内科が担当いたします。呼吸器内科と呼吸器外科では緊密に連携を取りながら診療に取り組んでおり、一人の方の治療に呼吸器内科・外科が相互にあるいは重複して担当しながら治療を行うこともあります。

当科でも、悪性腫瘍に対して、集学的治療(多くの治療手技を集結させて病気に立ち向かおうとする治療の考え方)の一環として、抗がん剤や放射線治療なども行っています。

手術以外の治療や検査も行っていますが、具体的には当科までお問い合わせください。

なお、胸部の外科疾患のうち、心臓と大血管に関わる疾患については心臓血管外科が、食道疾患は外科が、乳腺の疾患は乳腺外科が、胸郭疾患の一部は整形外科や形成外科が、当院では担当となります。

【治療対象となる疾患の具体例】

肺癌・肺腫瘍 原発性肺がん、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、気管(気管支)腫瘍など
縦隔腫瘍・縦隔疾患 胸腺腫、胸腺癌、重症筋無力症、胚細胞性腫瘍、神経原生腫瘍、その他の縦隔腫瘍、縦隔洞炎、異所性甲状腺・副甲状腺腫、気管支嚢胞、胸腺嚢胞、心膜嚢胞、心タンポナーゼなど
嚢胞性疾患 自然気胸、嚢胞性肺疾患、巨大ブラ、肺気腫など
胸壁・胸膜疾患 胸膜中皮腫、孤在性線維性腫瘍、胸壁腫瘍、肋骨腫瘍、漏斗胸、膿胸など
炎症性肺疾患 肺結核、非定型抗酸菌症、肺真菌症、肺吸虫症、肺膿瘍、気管支拡張症など
先天性肺疾患、他 肺分画症と類縁疾患、気管支閉鎖症、肺動静脈瘻、頸部腫瘤、気管狭窄、手掌多汗症など

代表的な疾患を例示しましたが、この他にも多くの疾患が外科治療の対象になることがあります。呼吸器疾患以外につきましても頚胸部の外科手術に広く治療実績を有しておりますので、どうぞご遠慮なく、何でもお尋ね下さい。

上にあげた疾患と診断されても、必ずしも全ての例で外科治療が行われるわけではありません。外科治療になじまないと判断される場合は、内科など他の診療科・医療機関での治療をお勧めします。

【当科で実施している主な治療や検査】

(1)外科治療(手術)

当科の中心となる治療法です。対象は上記記載をご参照ください。 手術によって行う組織検査法(生検術と言います)も行います。

  生検の例: 胸膜生検、表在リンパ節生検(頸部、鎖骨上窩、腋窩)、
縦隔リンパ節生検(胸腔鏡、縦隔鏡)
など。気管支鏡によるリンパ節生検は呼吸器内科で取り扱っています。

(2)胸腔ドレナージ治療

気胸や胸水貯留に対する治療や検査として、胸腔(胸の中)に排気・排水のためのチューブを入れます。

(3)気管支鏡検査・治療

呼吸器内科と共同で気管支鏡検査を行っています。 通常の気管支鏡検査はもちろん、気道異物に対する気管支鏡下除去、難治性気胸に対する気管支塞栓術、気道閉塞に対する気道ステント治療など。

(4)特殊なCT検査

最新の320列MDCTを使った最新のCT検査を行っています。

  例: 肺血管の3D再構築画像、気胸の空気漏れ検出検査法、CTガイド下腫瘍マーキング、シネ3DCT検査。

CTガイド下経皮生検やエコー下生検は、当院では放射線科並びに呼吸器内科が取り扱っています。

(5)化学療法

当院では、胸部悪性疾患の化学療法は原則として、呼吸器内科が取り扱いますが、適時当科でも実施いたします。

(6)放射線治療

当院では、胸部悪性疾患の放射線治療は、放射線科が実施しますが、入院治療が必要な場合は当科で担当することがあります。

【当科では実施できない治療】

(1)肺移植

当院では移植手術はできません。

(2)既に痰から結核菌が検出されている方の肺結核の手術・治療

診察時に、痰や胃液から結核菌が検出されるいる場合は、結核治療施設として指定されている病院に受診をしてください。当院の近隣では、日本大学医学部附属板橋病院(板橋区)、国立病院機構東京病院(東京都清瀬市)、財団法人結核予防会複十字病院(東京都清瀬市)、国立病院機構東埼玉病院(埼玉県蓮田市)、済生会川口総合病院(埼玉県川口市)、さいたま市立病院(さいたま市)などがあります。

これらの肺移植や結核の治療には法や規制があり、それぞれ指定の病院で治療をお受けください。

(3)ロボット手術

当院ではロボット手術用装置はなく、ロボット手術はできません。

そのほかご不明の点があれば、当科までお問い合わせください。