診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

呼吸器外科(研修・見学案内(研修や見学を検討している先生方へ))

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 呼吸器外科(概要) > 研修・見学案内(研修や見学を検討している先生方へ)

呼吸器外科

研修や見学を検討している先生方へ

研修を希望する人集まれ~
初期研修から高度な胸腔鏡手術研修まで、研修希望者を歓迎しています。手術や施設の見学も随時受け付けています。

私どもの研修指導の方針は『プロとしての外科医を育てる』です。

内臓は丁寧に扱ったからと、体表の傷は適当に縫っている外科医いませんか?

外見はみすぼらしいけど、味が良い料理店がTVで話題になっていました。プロのお店と言えるでしょうか?味が一流と言うだけでは、プロとは呼べません。盛り付けも食器も、内装も接客も、考えに考えた上で、客に提供してこそ本当のプロ。内臓を扱うのと同じ技術を、皮膚縫合にも注ぐべきであり、手術のどこかに手抜きを感じさせたら、プロの仕事とは言えません。

たとえばプロスポーツ選手、プロの職人など、私たちが『プロ』と呼ぶときは、職業人という意味を超えて、その領域の頂点に立ち、所謂『しろうと』とは一線を画す『匠』といえる職人芸を持った人たちを、羨望や尊敬の念を込めて、呼ぶことが多いのではないでしょうか。私たちは、高度な手術操作は当然のこと、ガーゼの付け方や説明の方法まで、プロの仕事を心がけています。身に付けるべきは、『さすが』と熟練を感じさせるプロとしての知識や技術です。

そうは言っても、限られた研修期間です。個々の能力や、研修期間・目的などで、会得できる知識や技術は異なります。そこで当科では、(1)外科系の初期研修、(2)初期研修終了後の外科専門医取得を目指すための研修、(3)呼吸器外科専門医の取得を目指す外科医のための研修、(4)胸腔鏡手術の技術を高めるための専門医取得後の研修、(5)救急医や呼吸器内科医などの先生方が呼吸器外科診療を体験するための研修、などと研修目的に合わせて研修プログラムを考えています。

こうした研修とは別に、手術手技や診療内容の見学などでの研修もお引き受けしております。呼吸器外科の一端だけでも覗いていくこともまた、長い医師としての生涯に必ず役に立つことがあると思います。

なお、当科での研修期間は、外科専門医や呼吸器外科専門医のおける研修期間として認定されます。この他に、呼吸器内視鏡(気管支鏡)専門医、がん治療認定医、肺がんCT検診認定医なども取得可能です。研修期間にもよりますが、これらの資格も取得できるよう、スタッフ一同で、最大限支援いたします。当科の特徴などは、別ページをご覧ください。


研修ルート

【卒後初期臨床研修の場合】

当院の初期研修システム内での研修になります。当院ホームページ職員採用のページを参照してください。当院では慶應義塾大学からのいわゆるタスキ掛け研修も受け入れており、同システムでの研修も可能です。

【卒後後期臨床研修(いわゆる専修医)の場合】

当院の後期研修システムでの研修と、当科採用での研修が可能です。
当科採用の場合、随時申し込み可能ですが、採用枠には限りがあります。

【後期研修終了後の場合】

すでに呼吸器外科医としてご活躍のドクターだけでなく、他科の先生方も、呼吸器外科の診療に興味がありましたなら、随時当科での研修をお受けいたしております。呼吸器外科診療をご経験いただき、今後の業務にお役立てくだされば幸いです。採用形態としては常勤・非常勤いずれの場合も当科採用枠での取り扱いになります。

当科は特定大学や医局と人事上での繋がりや制限拘束はありません。どちらのご施設からでも遠慮なく研修をご応募ください。現在所属施設から許可が下りるなら、期間を限っての研修なども受け入れしておりますので、ご検討ください。

【見学や研究日を利用して研修を受けたい場合】

東京出張の際に見学したい、週1日の研究日に研修したいなど、当科の手術や診療、特に胸腔鏡手術など特定の業務に興味がある方には、随時、見学・研修をお受けいたしております。


研修や見学希望の連絡は

見学・研修等希望される方は、お気軽に当院(代表電話)までお電話いただき、『呼吸器外科の研修・見学希望』とお伝えください。担当者が対応いたします。

現在医学部の学生で、病院見学として当科の見学や実習を希望する人は、当院の臨床研修募集の病院見学・実習募集要項のページを参照してください。

当院・当科の得意とするところ、研修先として自分に合うかどうかは、別のページも見て検討してください。